三舟山
 お花見ウォーク
 戦国時代には北条氏の陣が築かれていたと伝わる三舟山は、君津市貞元地区と富津市吉野地区にまたがる標高138mの丘陵となっており、ゆるやかな山道は軽めのハイキングに最高です。
 例年4月上旬には、参加者2000人を数える春のイベント「三舟山お花見ウォーク」が開催されます。君津駅から房総往還を通って、三舟山を一周し、郡ダムまで、山さくら、大島桜などの花を楽しみながら4か所のチェックポイントを通って約15キロの道を歩きます。三舟山の自然をぜひ楽しんで下さい。
 展望台からの眺望
三舟山展望台からの眺望

 三舟山の自然の中の遊歩道、アメニティロードを登って行くと、山頂に展望台が設置されています。この高台からの眺望は素晴らしく、君津市街地から、天候によっては東京スカイツリーなど東京湾の眺望まで楽しむことが出来ます。この展望台からの広々とした景観は千葉眺望百景に登録されています。三舟の里案内所近くの三舟山入り口から山頂の展望台を回る散策路は1周1700m程で、大人の足で歩いて1周約45分程の行程となっています。
展望台より望む三舟の里案内所
展望台より望む三舟の里案内所
春の三舟山
春の三舟山 
三舟山展望台
山頂に設けられた展望台
遊歩道は周囲の自然を残した林道となっております。要所要所に案内坂が設置されており、軽めのハイキングコースとして初心者にもお薦めできます。  案内坂 
        案内標示板
 三舟山陣跡
    山頂付近の平らな地形の場は戦国時代に陣が築かれた場所で、三舟山陣跡と呼ばれています。

三舟山陣跡 かつて、この三舟山付近では北条氏と里見氏の合戦が行われたと伝えられています。
 北条氏側は北条氏政が合戦の指揮をとり、武蔵の国岩付城(埼玉県岩槻市)の城主太田源五郎氏資(うじすけ)らをこの地に向け、現在のマテバシイの林一帯の小字「陣場」、「陣所」の地に陣を構え、対する里見氏側は、三舟山と対峙する富津市障子谷の「虚空蔵山」、同市相野谷の 「八幡の森」に陣を敷いたといわれています。合戦は北条氏側が敗北し、里見氏の勢力挽回の契機となったといわれています。

 歴史を伝えるこの陣跡地は、君津市の次世代に伝えたい20世紀遺産に指定されています。現在、この陣跡地に戦国時代の痕跡は残されておりませんが、現地に立てられた陣跡の謂われの書かれた立て札を見て、この静かな林の中で歴史を感じ取って見てはいかかでしょうか。
  
 
 
住所 君津市小香359番1 地図を表示する
問い合わせ電話 0439-54-8988 (三舟の里案内所) 
HPリンク なし
電車 JR内房線 君津駅下車
バス 君津駅南口よりコミュニティバス小糸川循環線、内回り
自動車学校前バス停下車、徒歩30分程度
君津ICより92号線君津市街地方面、国道127号線経由、298号線富津岬方面。
所要時間15分程度
もより駐車場 三舟の里案内所駐車場:駐車台数50台程度:駐車無料
大型バス対応 ○ 
利用時間・定休日 ■三舟の里案内所
開館時間 8:30〜17:15
閉館日 毎週月曜日(祝日の場合開館、翌日閉館)

三舟山アメニティーロードは常時開放されています。

例年4月上旬に例年参加者2000人以上の春のイベント「三舟山お花見ウォーク」が開催されます。
コース:君津駅〜三舟山・郡ダム周辺〜駅前大橋(往復約15km)
【お問合せ先】
三舟山&郡ダムお花見ウォーク実行委員会事務局(君津市観光協会内)
0439-56-2115
利用料金 無料
バリアフリー対応 なし
英語対応 不可
備考 散策路1周 約45分(1700m)
遊歩道は周囲の自然を残した林道となっております。
長袖シャツ、長ズボン、ハイキングブーツ等、山歩きに適した服装をご用意ください。
*林道では蜂・マムシ等の出没により、思わぬ被害を受ける恐れがあります。
林道散策の際は十分ご注意ください。
案内所に男女トイレあり、林道に簡易トイレあり。

夏場でも夕方から周囲が暗くなり、足元などの視界が悪くなります。
余裕をもった計画でお楽しみください。

もどる